• 会長挨拶

活動報告

2024年4月23日

連盟賞受賞
 夢を生きる:女性のための教育・訓練賞プログラムで、
 宝塚クラブ推薦の山田 紬希さんが2位受賞。
 幼い子供を育てながら看護専門学校へ通い助産婦の免許を取り、女性の一生を支える仕事に就くことであり
 また、将来は子供の成長と保護者の悩みや、不安に寄り添える作業療法士となり、社会に貢献出来る人材として活躍したい。

リジョン夢を生きる賞 受賞 
 大学女子学生・専門学校女子学生支援金プログラムで、宝塚クラブ推薦の児玉 結羽さんが受賞。
 女性として自立した社会生活を送るために、年齢を重ねて知識と技術、経験をいかせる看護師を目指して
 宝塚市立看護専門学校に通い、常に自身を成長させ最善の看護を提供し活躍したい。
 それぞれの表彰式はリジョン大会、表彰夕食晩餐会で行われました。
 おふたりには、大きな夢に向かって頑張っていただきたいと思いました。


 
 
 

2024年4月16日 

   クラブ賞贈呈
4月16日 「カトリック社会活動神戸センター」の山野真美子様と
「SDGs for children」代表の安積彩華様にクラブ賞を贈呈致しました。
前者は、日本財団「社会ボランティア賞」に推薦応募。
 阪神淡路大震災以来、長年にわたり、ホームレス支援として、生活援助、夜間見回り、行政との交渉、医療相談などの
活動を継続さ れています。
 例会当日お越しいただき贈呈しました。温厚なお話しぶりにも感銘を受けました。
後者は、日本財団「学生ボランティア賞」に推薦応募。
 関西学院千里国際中等部・高等部の学生による団体です。
 SDGs に関するワークショップを開催し、小学生と共にジェンダーや、動物愛護、資源の再利用などについての理解を深める
 取り組みをされています。

2024年3月12日

  介助犬エクラちゃんご飯代贈呈
介助犬ユーザー木村佳友様へ、エクラちゃんの昨年度分ご飯代をお届けしました。
ご飯代は、毎例会募金箱で募っています。

2024年3月26日

 兵庫介助犬協会へ継続寄付金贈呈
3月26日 宝塚ホテルにて、兵庫介助犬協会へ継続寄付金を贈呈しました。
当日はNPO法人兵庫介助犬協会理事長の北澤光大氏と6才になる雌のアリシアちゃんが一緒に来られ、
贈呈式後に離れた所にある携帯電話を探して持ってくるというデモンストレーションを披露してくれました。
介助犬協会は体の不自由な人の日常をサポートする介助犬を育成し、介助犬ユーザーに無償で貸与していますが
訓練を受けた犬の内、実際に介助犬になれるのは3割程度だそうです。
この地道な活動が少しでもお役に立てればと今後も応援していく所存です。
また当日は毎日新聞社阪神支局の取材を受け、翌日の朝刊にこの記事が掲載されました。